内藤会計事務所医療法人ブログ(個人を含む)


回復期リハビリテーション病棟入院料 NO.2

29
Nov2018

posted by 内藤会計事務所

回復期リハビリテーション病棟入院料の専従要件の緩和

 

 

回復リハの改正ポイントに「切れ目のない病棟から在宅のリハビリへ」があると思います。

それが分かるひとつが、専従要件の緩和です。

 資料1

 

入院料1でPT、OT、STが配置されていて、

①実績指数37以上、②当該保険医療において、患者の前月に、外来患者に対するリハビリテーション又は訪問リハビリテーション指導を実施していること。

 

30年度診療報酬改定

(※個別改定項目についてP123)

 

 

これをクリアできれば、当該医療機関に入院中の患者に対して退院前の訪問指導並びに当該病棟から退院して3ケ月以内の患者に対して訪問リハビリテーション指導及び外来におけるリハビリテーションの提供が可能である。

これは、病棟のPT、OT、STが訪問リハや外来のリハをやってもいいという事ですね。

つまり専従ではない。3ケ月間は医療も介護も両方使えます。

 

回復リハは病棟ではガンガンリハビリをやるようですが、退院したらリハビリをしない、というか追っかけていなかった。

回リハ病棟で元気になった高齢者が自宅に帰って、リハしないので健康状態が悪化する。これを阻止するために、退院後3ケ月間は病棟からのリハOKなんですね。

在宅復帰支援のバトンパスですかね。

 

地域包括ケアの概念が入ってきていると感じます。

 

あとひとつ、専従要件の話ですが、入院料1に管理栄養士が専任要件となっていますが、個別改定項目には「配置することが望ましい」となっています。これは努力義務ですので確認ください。

 

♯回復期リハビリテーション病棟入院料 ♯診療報酬 ♯改定 ♯専従要件 ♯会計事務所


comments

回復期リハビリテーション病棟入院料

14
Nov2018

posted by 内藤会計事務所

本日は会計事務所が回復期リハビリテーション病棟についてブログを書いてみたいと思います。

私たちは会計、税務を守備範囲とする事務所のため、ちょっと筋違いなことを書いているかもしれません。しかし、現場の皆様に少しでもお役に立ちたいという思いからスタートしたものでありますので、乱筆乱文については何卒ご容赦下さいませ。

今回の内容は30年度診療報酬個別改定項目に沿っています。

 

 テーマは「回復期リハビリテーション病棟入院料」です。

早速ですが!

ずばり、回復期リハビリテーション病棟入院料のポイントは

  • アウトカム評価の推進を図る
  • 患者さんの日常生活への復帰促進
  • 切れ目のない病棟から自宅へのリハビリ

 

以上が改定のポイントではないでしょうか。

回リハ 再編・統合イメージ

 

今回の改定で報酬の山が3つから6つに変更しました。

理由は充実加算がなくなり、リハビリの実績指数が加わりました。

リハビリをやれば、前までの入院料よりもUPします。

新入院料1は20点UP

新入院料3は10点UP

新入院料5は 5点UP 

このような6つの山に移行してます。

 

新入院料1は色々要件はありますが、リハビリの実績指数がポイントです。

よく見ると、上の図の中に、小さな字で‘FIM(日常生活動作)得点の増加を示す指数’と書いています。

この数値を37にするのことがひとつのポイントですね。

 

(FIMの参考資料) 

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000184198.pdf

 

 回リハ入院料1~6の内容 

 

FIMを上げていくには

生活リハの感覚がある病院で退院出来るかどうか?家に帰れるかどうか?その後の生活が出来るか?を考える事が大事なのではないでしょうか。

 

実績指数 ≓ アウトカム評価

 

少しずつ、アウトカム評価が入ってきましたね。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

慣れない診療報酬点数のことなので話が蛇行運転になったかもしれませんが、次回もブログを更新した際はよろしくお願い致します。

 

次回は回復リハ病棟入院料の専従要件の緩和の話をします。

 

♯回復期リハビリテーション病棟入院料 ♯診療報酬 ♯改定 ♯FIM ♯日常生活動作

♯会計事務所

 


comments